本日  昨日
 
 
06/04(Thu) 10:26

コントロールパネル、ステータスパネルを動作させる
やりたいこと
今までのプログラミング試行で、プラネタリウムの描画やボタン/メニュー処理など基本的なプログラムの作り方が解ってきました。Javaでなんとかできそうです。これから本格的にプラネタリウムの作成です。
  1. Dateやactionクラスは、コンパイルすると「JDK バージョン 1.1 以降は推奨されていません」と警告メッセージがでるので、CalendarとActionListener, ItemListenerに変更する。
  2. 部品(クラス)構成を見直し、データinterfaceクラスを新しく作り、それぞれのクラスから観測地、星データを参照できるようにプログラムを全面的にリメイクする。
    SkyWatching--------SkyCanvas(canvas)------中央の描画キャンパス
                  |----SkyStatus(panel)-------上段のステータスパネル
                  |----SkyControls(panel)-----下段のコントロールパネル
                  |----SkyData(interface)-----観測地、星データ
    
  3. 「方角選択」→「再描画」のボタンで方角バーの表示を切り替える。
  4. 「観測地選択」「経度選択」「緯度選択」→「再描画」のボタン操作で「経緯度」テキストフィールド、ステータス情報表示を切替る。
  5. 「日付・時刻」テキストフィールドの入力 →「再描画」のボタン操作でステータス情報表示の切替。
  6. 「星名表示」、「星座表示」ボタンによる星名、星座名・星座線表示。
  7. 描画キャンパスにステータス情報を表示する。


ここまでの ソースリスト(SkyWatching.java)データリスト(SkyData.java)
(注)このソースは作成途中のものですが上記アップレットの表示ができます(左クリックでソース表示、右クリックでファイル保存です)

     
スポンサーリンク