本日  昨日
 
 
12/03(Sat) 18:35

o 栄養満点1分でできるお手軽料理「オクラ納豆」 o

o 材料 (2〜3人前):
  • オクラ 5〜6本 (いきのいい青々としたものを使いましょう)
  • かつおぶし 2袋 (スーパーで売ってる1袋ずつパックになっているもの)
  • 醤油 スプーン小さじ 2杯

o 作り方:
  • ボールの中によく洗ったオクラをできるだけ うすい小口切りにしたものを、かつおぶし、醤油をいれてよくまぜる。
  • 味の素をひと振り、かけると一段と味が引き立ちます。
  • これを、あつあつのご飯にのせて食べます。おかわり3杯はいけますよ!
  • ビールのおつまみにも、お薦めです。

o ホームパーティーに最適!手軽でちょっと豪華な「サフランごはん」 o

o 材料 (5〜6人前):
  • サフラン 2ビン(市販の1ビン500円位の大きさのもの)
  • 米 4合
  • 水 3.5合
  • ブイヨン 2個
  • いか 2はい(食べやすい大きさに切る)
  • エビ 10匹程度(ブラックタイガー位の大きさのもの、皮をむく)
  • 玉ねぎ 小 1/4個(みじん切り)
  • あさり 缶詰小 1個
  • サケ 缶詰 1個
  • 赤ピーマン 缶詰 1個
  • パセリ 少々(みじん切り)
  • オリーブ油 少々

o 作り方:
  • ルーツはパエリヤです。ちょっと豪華ですが、手軽でパーティーなどの主食に最適です。ぜひトライしてみて下さい。
  • 鍋などで、サフランとブイヨンを水 3.5合で煮たてたあと、さまします。(あとでこれを使ってご飯を炊きます)
  • いか、エビ、玉ねぎをオリーブ油で炒めます。
  • その中に、あさり、サケ缶の具と缶詰の汁を入れます。赤ピーマンは具だけを入れます。(赤ピーマンの缶詰の汁は入れません)
  • もう一度火を通し、最初に作ったスープにこの汁だけを移します。
  • このスープを水代わりにして炊飯器でご飯を炊きます。
  • 炊きあがったら、さきほど作った具(いか、エビ、あさり、サケなど)を炊飯器に入れ 5分位蒸します。これで出来上がりです。
  • 食べる前に、みじん切りにしたパセリをちらします。さめても美味しく、子供達はおおよろこびです。

o あっさり味で食欲のはずむ「ポン酢さしみ」 o

o 材料 (3〜4人前):
  • ヒラメ、かんぱち、ハマチ、ブリなど(白身の魚であれば何でもよいです)、イキのよいものをサクで買います。(だいたい 200g前後)
  • あさつき 200円分位
  • しょうが 100円分位
  • 青じその葉 5〜6枚

o 作り方:
  • サクで買った魚を、紙のようにうすく、うす〜く切ります。
  • これを大皿にならべます(ふぐさしの薄作りの盛りつけをイメージして下さい)。大皿に並べるとそれは豪華です。
  • しょうがはうすい千切り、あさつきはうすい小口切りにします。
  • これらを、おさしみの上にちらし、食べる寸前にポン酢をかけます。
  • さっぱりとして、薬味がきいて、本当においしいですよ。

o サンドウィッチによし、ビールのつまみによし5分でできる「カナッペ」 o

o 材料 (2〜3人前):
  • クラッカー 5〜6袋 (わが家ではナビスコプレミアムを使ってます)
  • シーチキン 缶詰大 1個
  • 玉ねぎ 小 1/4個
  • ピクルス 3〜4本
  • マヨネーズ 大さじ 2杯
  • レモン汁 または 酢 小さじ 2杯
  • 塩、こしょう 少々

o 作り方:
  • ピクルスはみじん切り、玉ねぎもみじん切りにして、さらしておきます。
  • シーチキンを油切りして、さらしておいたピクルス、玉ねぎを加えよく混ぜ合わせます。
  • この中へ、マヨネーズ、レモン汁、塩、こしょうを加えよく混ぜます。
  • これをパリパリのクラッカーに乗せればできあがり。スプーン(小) 1杯を一枚にのせ、早めに食べます。
  • また、その上にみじん切りしたパセリを乗せると、パーティの前菜としても立派に通用します。なんたってホントに美味しいし、栄養たっぷりおまけにヘルシーです。

o「牛タタキ」ローストビーフ風 o

o 材料 (5〜6人前):
  • 牛肉 500g位 (塊で100g 500〜600円位のもの)
  • にんにく 1片
  • 醤油 大さじ 2杯
  • 塩、こしょう 少々
  • 3杯酢 (醤油、砂糖、酢 各大さじ1杯づつ合わせます)
  • あさつき 10本位
  • しょうが 1片

o 作り方:
  • ボールの中へすりおろした にんにくと醤油を合わせ、塩、こしょうした肉をつけます。時々、タレがよくしみ込むように裏返します。
  • フライパン(テフロン加工)で、最初は強火で肉のまわりをこんがり焼きます。その後、約5分位フタをして蒸し焼きにします。
  • 蒸し焼きにした肉をすぐに、できるだけ冷たい氷水の中で冷まします。(理由は、中の肉汁が出ないようにするためです。)
  • よく冷めたら氷水の中から出して、表面をキッチンペーパで拭き、一口で食べられる大きさに切ります。さしみの要領でお皿に並べます。
  • あさつきはみじん切り、しょうがはできるだけ細いせん切りにしてその上にかけ、3杯酢をかけて食べます。
  • いくらでも食べられます。一度にしてローストビーフと牛タタキが食べられ、パーティーでも人気者です。
  • わが家の料理で、みじん切りネギ、酢やしょうがを、肉やサシミと一緒に食べることは、毒消しになるし、食中毒を防ぐという意味があります。